SEOライティングの起点は「キーワード」です。

キーワードへの理解を深めることは、検索上位を狙う上で避けては通れません。

この記事ではキーワードに関してよく使われる次の3つの違いについて解説します。

ただし、キーワードの定義は人によって違います。関連キーワードと複合キーワードを同じと考える人もいるでしょうが、間違っているわけではありません。

ここでは、多くの人が共通認識としているであろう解説をします。

そして、SEOライティングにおいて、これらのキーワードをどのように活用すればよいかのヒントもお伝えします。

サジェストキーワード・関連キーワード・複合キーワードの違い

サジェストキーワードGoogleの検索窓にキーワードを入力したときに候補として提案されるキーワード
関連キーワードGoogle検索結果の最下部に表示されるキーワード
複合キーワードメインとなるキーワードにサブキーワードを含めた2つ以上のキーワード

それぞれについて、もう少し詳しくみていきましょう。

サジェストキーワードとは?

サジェスト(Suggest)とは「提案する」という意味です。

検索エンジンにキーワードを入力すると自動的に表示される検索候補をサジェストキーワードといいます。

検索エンジンにキーワードを入力すると自動的に表示する機能を、Googleはオートコンプリート機能といっています。

Googleの検索窓に「SEO」と入力すると、検索エンジンでは以下のように表示されます。

さらに、「SEO あ」と入力すると、「あ」ではじまるサジェストが表示されます。

同じように「い」「う」・・・と入力していけば、それぞれの文字ではじまるサジェストが表示されます。

サジェストキーワードが表示される仕組み

Googleがオートコンプリート(サジェストキーワード表示)機能を実装しているのは、ユーザーの利便性のためです。

「いちいち入力するのはめんどくさいよね」というユーザー心理の応えるものです。

それを考えれば、サジェストキーワードがどのような仕組みで表示されるか見えてきますね。

多くの人が検索しているキーワードをサジェストすれば、多くの人の「めんどくさい」を解決できます。

Googleが少しでもユーザーの「めんどくさい」を解決しようとするのは、使い心地を良くして、Google検索ユーザーを失わないようにするためです。

どのような仕組みで表示されているかというと、Google検索ヘルプ『オートコンプリートの仕組み』によると、次のように説明されています。

検索候補のベースとなるもの
・入力した検索キーワード。
・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ] を有効にしている場合)。
・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。
検索候補は検索結果ではありません。また、検索キーワードに関する他のユーザーや Google の見解を示すものでもありません。

検索候補の仕組み
検索候補は、人間の関与なしにアルゴリズムによって自動生成されます。このアルゴリズムは次のような特性を備えています。
・他のユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度など、複数の要因に基づいています。
・ウェブ上のさまざまな情報を反映するように設計されています。多くの人気トピックに関連する予測が表示される場合があります。

(引用:Google検索ヘルプ『オートコンプリートの仕組み』

上記のように、サジェストキーワードはユーザーが検索した際に使ったキーワードによって変化するものであり、他のユーザーが検索しているキーワードも影響しますが、あくまで個人によって異なるということになります。

実際に、過去に検索したキーワードと同じもので今検索をしても、過去に表示されたサジェストキーワードとは結果は異なっていることが多いでしょう。

サジェストキーワードを調査する理由

サジェストキーワードを調べて何の役に立つかというと、ユーザーの検索意図を明確にするためです。

「SEO」と検索する人がいたとして、SEOの何を知りたいのかはわかりません。

・SEOの仕組みについて知りたい
・SEOに強い会社を知りたい
・SEOライティングについて知りたい
・そもそもSEOって何?
・SEOのメリット・デメリットを知りたい

いろんな意図が考えられます。

しかし、「SEO 仕組み」と検索しているのであれば、「SEOの仕組みを知りたいのね」と検索意図が明確になります。

検索意図を明確にすることによって、その人の知りたいことに答える記事を書きやすくなります。

だから、サジェストキーワードを調査することはとても大切です。

しかし、いちいちGoogleの検索窓に「SEO あ」とか「SEO い」とか入力するのはめんどくさすぎます。

そう感じる人が多いので、一括でサジェストキーワードを調査できるツールがWEB上に公開されています。

そんなツールを紹介します。

サジェストキーワードを一括で調べるツール

3つの無料ツールを紹介します。

goodkeyword

Google、Bing、Yahoo! JAPANで検索されている関連キーワードや複合キーワード、サジェストキーワードを調査できるキーワードツールです。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を、1回の操作で一度に表示させ、CSVでまとめてダウンロードできるツールです。会員以外の検索回数は1日1回となります。

ラッコキーワード(旧関連キーワード取得ツール)

個人的にはラッコキーワードが一番使いやすいです。

Googleサジェストだけでなく、YouTubeのサジェストも見れるのはありがたいです。

Q&Aサイトの質問を一覧で見れたり、Googleトレンドをすぐ確認できたり、これが無料ツールというのはスゴイですね。

関連キーワードとは?

Googleの検索結果画面の一番下に表示されるキーワードです。

関連キーワードとは何かについては、実はいろいろな意見があります。

いくつか確認してみましょう。

関連キーワードは使用端末や検索履歴・現時点での人気などにより、候補が変わるサジェストキーワードとは違い、 実際に検索需要のあるSEOキーワードと関連性の高い2語以上で構成されたキーワードが表示されます。

(引用:https://miiko315.net/531.html

関連キーワードは完全にアルゴリズムのみで自動的に表示されており、自分自身が検索したキーワードは反映されないことを示しています。さらに、Web上に存在しているあらゆる情報を反映するため、トレンドが強く影響し、検索したキーワードを含まない関連キーワードが表示される場合もあります。

(引用:https://www.leadplus.net/blog/difference-of-suggest-keywords-and-related-keywords.html

サジェストキーワードとは似て非なるもので、検索クエリ、関連サイト、共起語などを参考にして抽出されたキーワードです。

(引用:https://blog.core-j.co.jp/related-words

関連キーワードは、検索者が「キーワードと一緒に入力する頻度の高いワード」です。Googleの関連キーワードは、「Webページ上にある出現頻度の高いワード」を関連キーワードとして表示しているようです。

(引用:https://www.torimochi.jp/782/

関連キーワードとは、メインのキーワードと関連する複合キーワードというところでしょうか。

問題は、Google検索結果画面(SERP)の一番下に表示される関連キーワードをどのように利用すればよいかということです。

サジェストキーワードがユーザーの検索意図を把握する助けになるものであるのと同じように、関連キーワードも検索意図の理解に役立ちます。

しかし、サジェストキーワードと関連キーワードでは、実際に記事を書くときの利用の仕方が異なります。

どう異なるのか?

それには、関連キーワードがどのような仕組みで表示されるかを知っておく必要があります。

関連キーワードが表示される仕組み

これはあくまで仮説です。

仮説ですが、私は関連キーワードは「再検索キーワード」ではないかと思っています。

「SEO対策」というキーワードを例に解説します。

再検索が発生するケース1

Googleで「SEO対策」と検索すると、私のPCではサジェストキーワードと関連キーワードが次のように表示されました。

赤枠で囲っているキーワードは重複しているものです。

サジェストキーワードは、多くの人が検索しているキーワードでした。

「関連キーワードは再検索キーワードだ」というのはどういうことか説明します。

「SEO対策」と検索した人が、検索結果の中からある記事を選んでクリックし読み進めました。

検索した人が知りたかったのは、実は「SEO対策で実績のある会社」だったとします。

クリックした記事を読み進めても、その記事の中には、優秀なSEO会社の紹介はありません。

その検索ユーザーは次にどのような行動を取るでしょうか?

おそらく検索画面に戻り、「SEO対策 会社」と検索するのではないでしょうか。

このように、あるキーワードで検索をして、記事を見たけど、欲しい情報がなかったときに再検索するキーワードが関連キーワードとして表示されているのではないかと思っています。

そうすると、サジェストキーワードと関連キーワードで重複するものがある理由もわかります。

Aさんは、最初から「SEO対策 会社」と検索して欲しい情報を見つけた。同じように多くの人が「SEO対策 会社」と検索すれば、Googleは「SEO対策」と検索する人は続けて「会社」と入力する人間が多いと判断します。

するとサジェストキーワードとして表示されます。

しかしBさんは、検索リテラシーがそれほど高くなかったので、「SEO対策をしてくれる会社を知りたい」と思っていながら「SEO対策」と検索しました。

そして欲しい情報に出会えず、再検索をします。

Bさんのような人が多ければ、Googleは「SEO対策」と検索する人は、一度検索画面に戻って「SEO対策 会社」と再検索する人間が多いなと判断し、関連キーワードに表示するようになるのではないか。

そんな風に考えることができます。

再検索が発生する理由2

再検索する理由はもう一つあります。

「SEO対策の方法を知りたい」という人が、「SEO対策 方法」と検索したとします。

お目当ての記事に出会って、読み進めていくうちに、「うーん、方法はわかったけど、どうも自分でSEO対策をするのは大変だ」と思い始めます。

するとその人は次にどのような行動を取るでしょうか?

おそらく「どこかSEO対策やってくれる会社ないかな?」「費用はどれくらいかかるのかな?」という新しい検索ニーズが生まれるのではないでしょうか。

そして「SEO対策 会社」「SEO対策 費用」などと再検索するでしょう。

最初に「SEO対策 方法」と検索したときには、頭の中になかったニーズが、記事を読み進めることで生まれるわけです。

このようなニーズを潜在ニーズと言います。

この人にとって「SEO対策 方法」は顕在ニーズだったのに対し、「SEO対策 会社」「SEO対策 費用」は潜在ニーズと言うことができます。

関連キーワードの使い方

つまり、関連キーワードはメインで知りたいことではない可能性があるということです。

であれば、記事の最初に書くべきキーワードではなく、記事の後半に書くべきです。

もしくは、「SEO対策 会社」のキーワードで別の記事を作って、内部リンクでその記事に誘導すればよいでしょう。

そうすれば、ユーザーがあなたのサイトから離脱して検索画面に戻り、再検索することはなくなるはずです。

できるだけ自サイトに滞在してもらうことで、サイトの滞在時間は長くなり、ユーザー満足度の高いサイトであるとグーグルからもユーザーからも判断されるでしょう。

現在のSEOライティングの基本のひとつは、検索意図を網羅することですが、書くべき順番もとても大切に考えなければなりません。

潜在ニーズを記事の一番最初に書いても、「いや、知りたいのそこじゃないから」と離脱されてしまいます。

関連キーワードは、記事の後半、もしくは別記事への内部リンクとして使うというのがおすすめです。

複合キーワードとは

最後に複合キーワードについて解説します。

複合キーワードとは、メインとなるキーワードにサブキーワードを含めた2つ以上のキーワードのことです。

●SEO 対策 会社
●SEO 対策 費用

複合キーワードはロングテールキーワードと呼ばれることあります。

WEB検索を行うユーザーのうち10%~20%は検索ボリュームの多いキーワード(1語のみ)での検索を行いますが、80%~90%は2語以上の複合キーワードによって検索をする傾向があります。

インターネットが普及して、検索リテラシーが上がってきたんですね。

「SEO」と1語で検索するより、「SEO 対策 費用」と検索するほうが、欲しい情報に早くたどり着けます。

複合キーワードで2語、3語、4語と語数が増えることで、より検索意図が明確になってきます。

検索意図が明確になることで、記事は書きやすくなります。

複合キーワードは検索ボリュームが少ないから、頑張って記事を書いても報われないと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

複合キーワードは確かに単一キーワードに比べて検索ボリュームは少ないです。

例えば以下のように、語数が増えるほど検索ボリュームは減っていきます。

SEO 49,500
SEO 対策 22,200
SEO 対策 費用 880

しかし、複合キーワードを攻略することこそが、SEOにとって重要なことです。

検索結果の作られ方を研究すると、複合キーワードを攻略することで、多くのアクセスを集められることが理解できます。

もしよかったら、こちらの記事もご覧ください。