「オイ、また出たか」というくらい執拗に追いかけてくるリターゲティング広告。

ウンザリする人もいれば、単純接触効果が発揮されて、気になってクリックする人もいるでしょう。

そんなリターゲティング広告ですが、リマーケティング広告という人もいます。

何が違うのでしょうか?

今回は、リターゲティング広告とリマーケティング広告の違い、これらの広告は効果があるのか、ということについてみていきます。

リターゲティング広告とリマーケティング広告の違い

リターゲティングとリマーケティングは基本的に同じ仕組みです。

何が違うかと言うとサービスの提供元。

Googleが提供⇒リマーケティング広告
Yahoo!JAPANが提供⇒サイトリターゲティング広告

またFacebook広告も同じような機能がありますが、Facebookはリターゲティングという名称です。

リターゲティング広告のメリット

1度自社サービスに接触したことがあるため、全くの新規ユーザーよりコンバージョンする確率が高い

ザイオンス効果(単純接触効果)も期待できる

こんなメリットがあります。

ザイオンス効果なんて、人によってはデメリットに感じるかもしれませんが。

リターゲティングのデメリットとは?

コンバージョンが高く、ユーザーに継続的なアプローチができるリターゲティング広告にもデメリットはあります。

先ほども書いた通り、ストーキングされていると感じる人もいるということがひとつ。

商品だけでなく、その会社に対しての不信感につながる可能性もあります。

もうひとつは、一定数以上のリストがないと配信できないこと。

リターゲティング広告を配信するためには、配信先となるユーザー数が一定数以上必要です。

Googleの場合最低100、Yahoo!の場合は1,000必要です。

この数値を下回る場合や、ギリギリしかない場合は配信できなかったり、配信できたとしてもほとんど見られないということになります。

リターゲティング広告の効果

デメリットのところで、単純接触効果が逆に働くこともあると書きましたが、全般的にはリターゲティング広告は効果を感じることのほうが多いようです。

検索連動型広告(キーワード広告)に比べて、クリック単価は低くなることが多いです。

CPAは商品・サービスによっては検索連動型広告のほうが良くなる場合もあります。

リターゲティング広告だけ、検索広告だけ、というふうに何かに偏るのではなく、広告もヘッジすることが必要です。