さまざまなITツールが開発され、導入する企業は多いです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進される世の中ですが、一方で仕事の主要ツールは、いまだに「電話」という人も少なくありません。

WEBサイトのみで集客していても、問い合わせフォームと電話番号があると、フォームからの問い合わせと、電話問い合わせは半々くらいになることがよくあります。

業界によっては電話での問い合わせのほうが多くなることもあります。

となると、Google広告を出稿したときに、電話コンバージョンを無視するわけにはいきません。

ここでは、Google広告専用転送電話番号を使って、WEBサイトに掲載された電話番号に問い合わせがあったときに、コンバージョンとして計測する手順をお伝えします。

Google広告画面での操作

①Google広告管理画面で計測タグを発行する

Google広告管理画面から「ツールと設定」→「コンバージョン」→「+」をクリック

「電話件数」→「ウェブサイトに掲載した電話番号への問い合わせ」→「続行」をクリック

コンバージョン名はわかりやすい名前をつけ、値、カウント方法を選択し、「作成して続行」をクリック

「タグを自分で追加する」をクリック

※Googleタグマネージャーを使いたいところですが、タグマネを使うと、リンククリック(タップ)での通話しか計測できません。モバイルならタップで電話をかけることができますが、WEBサイトに表示されている電話番号はそういうわけにはいきません。WEBサイトに直接タグを埋め込む必要があります。

グローバルサイトタグと電話番号スニペットを作成します。

グローバルサイトタグはご自身の状態に合わせて選択します。

この画面で作成したグローバルサイトタグと電話番号スニペットをサイトに埋め込みます。

ワードプレスサイトであれば、「header.php」ファイルの<head>内に貼り付けます。

電話番号表示オプションの設定をしていなければ、電話番号表示オプションの設定を行います。

これで、WEBサイトに表示している電話番号が自動でGoogle広告専用番号に切り替わります。