リスティング広告では、効果を測定するために「タグ」と呼ばれるコードをWEBサイトに設置する必要があります。

タグは大きく2つです。

コンバージョン計測用のタグとリマーケティング用のタグです。

リマーケティング用のタグについては、こちらの記事でゼロから設置する手順を解説しています。

Google広告のリマーケティング設定をゼロから画像解説

ここでは、もうひとつのコンバージョン計測用のタグについて解説します。

コンバージョン計測用のタグは、通常Thanksページといわれるページに設置します。

購入した後や、登録した後に表示されるページです。

こんなぺージ

このページにたどり着いた人=コンバージョンした人として計測します。

コンバージョン計測用のタグを設置しなければ、リスティング広告の費用対効果の検証ができません。

必ず設置するべきタグです。

ここでは、Google広告でコンバージョンタグを発行し、タグマネージャーに設置する手順を解説します。

コンバージョンタグを設置する手順

Google広告管理画面での作業

まずはコンバージョンタグを発行しましょう。

1.Googleアドワーズの管理画面にログインして、「ツールと設定」から「コンバージョン」をクリックします。

2.コンバージョンアクションの画面で「+」マークをクリック

3.コンバージョンを測定したい媒体を選択します。今回はウェブサイトです。

4.コンバージョンアクションを作成します。

カテゴリには次のようなものがあります。最適なものを選びましょう。

今回は「お問い合わせ完了」をコンバージョンとして、「お問い合わせ完了ぺージ」のページビューがあればコンバージョン発生とします。

したがって、カテゴリは「ページビュー」にします。

コンバージョン名は、あとから見たときにわかりやすいものにしましょう。

値はお好みで設定します。

今回は「問い合わせ完了」がコンバージョンなので、価値は同じです。

金額は適当。

カウント方法は、見込客の獲得が目的なので「初回のみ」に設定。

あとは、デフォルト設定のままで大丈夫です。

最後に画面下の「作成して続行」をクリックします。

5.タグを設置します。

コンバージョンタグを設置する方法は2種類あります。

①タグマネージャーに設置する方法
②WEBぺージに直接設置する方法

今回はタグマネージャーを使って設置します。

「Googleタグマネージャーを使用する」をクリックすると、次のような画面になるので、コンバージョンIDとコンバージョンラベルを控えて、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックして、タグマネージャーの管理画面にいきましょう。

Googleタグマネージャーでの作業

1.新しいタグを追加します

2.Google広告のコンバージョントラッキングを選択します。

3.さきほど控えたコンバージョンIDとコンバージョンラベルを入力します。そしてわかりやすい名前をつけておきましょう。

4.次にトリガーを設定します。

「ページビュー」をトリガーにしたいのですが、表示されていない場合は、右上の「+」マークをクリックして、「ページビュー」を選択します。

トリガー発生の条件を設定します。

Page URL ⇒ 等しい ⇒ ThanksページのURL を入力します。

「保存」をクリックして、トリガーに名前をつけます。

再度保存をクリックします。

以上で設定完了です。

指定したThanksページのURLが読み込まれるたびにタグが作動して、Google広告でコンバージョンの確認ができます。