Facebook広告の効果を最大化するためには、Facebookピクセルというのが重要らしい。

今まで、設定が難しそうだったり、仕組みを理解しようとしていなくて意味がよくわからなかったので放置していました。

Facebookピクセルとか無視しても、まあまあ成果は上がっていたので。

しかし、今回はFacebook広告を極めることにチャレンジしているので、ピクセルコードから逃げるわけにはいきません。

Facebookピクセルとは何なのか?何の役に立つのか?どうやって設定するのか?

このあたりを勉強して実践してみようと思います。

Facebookピクセルをキッチリ設定することで、ホントにコンバージョンが改善されるのか? 過去の広告の結果と比較してみる必要があります。

Facebookピクセルとは?

まず、Facebookピクセルとは何なのか、ということですが、WEBサイトに設置するJavaScriptコードのことです。

JavaScriptコードといえば、WEBサイトにGoogleアナリティクスを導入するときに、head内に記述するやつですね。

それと同じようなものか。

としたら、FacebookピクセルをWEBサイトに設置することで、いろいろと分析ができそうです。

FacebookピクセルをWEBサイトに設定してできるようになること

Facebookピクセルを自社Webサイトに設定することで、何ができるようになるのでしょうか?

次のようなことができるようになります。

  • Facebookユーザーが自社WEBサイトに来たかどうかわかる
  • 広告配信を最適化できる

簡単にいうと、FacebookのAIがお勉強をするための、材料をたくさん与えることができて、より効率的な広告配信ができるようになる、ということです。

なぜ最適化されるのか?

自社のサイトにFacebookピクセルを埋め込んで、計測したとして、そのことがなぜ広告配信の最適化につながるのか、よくわかりませんでした。

だって、Facebookユーザーが自社WEBサイトに来たかどうかわかったところで、そのユーザーが自社が提供する商品・サービスに興味があるんだなということくらいしかわからないじゃないですか。

自社サイトに訪れない人の興味・関心を把握することにはつながりません。

などと思っていたので、この疑問を解消するために、「Facebookピクセルとは」などと検索して上位表示されているサイトを見ていったのですが、全然わかりません。

それがこの本を読んで、やっと理解できました。

要するに、こうです。

Facebookユーザーは日本にたくさんいて、広告運用している企業もたくさんある。

それらの企業は自社サイトにFacebookピクセルを埋め込んでいる。

FacebookのAIが、Facebookピクセルを埋め込んだサイトに訪れたFacebookユーザーの行動を追跡して、どのようなものに興味を持っているかのデータを蓄積する。

例えば、Facebookユーザーが、ピクセルを埋め込んでいるワイン通販のサイトを訪れたとすると、「お、こいつはワインに興味があるのね」というふうに。

ピクセルを埋め込んでいる自動車メーカーのサイトに訪れたら、「車に興味を持っている」という風に。

さまざまなサイトに設置されたFacebookピクセルで集めたユーザー情報をFacebookが蓄積していくわけです。

だから、Facebookピクセルが設置されていないサイトに訪れても、当然それはデータに反映されません。

Facebookピクセルが設置されたサイトの中で、どのようなサイトに訪れたかのデータによって、ユーザーの興味・関心を把握するという仕組みです。

だとすれば、別に自社サイトにFacebookピクセルを設置しなくても、いいんじゃね? ということになりませんか?

ピクセルを自社サイトに設置するのは、FacebookのAIにデータを提供するためなのですから。

いや、そんなことを言ってはいけません。

自社サイトのデータを提供することで、ちょっとでもユーザーの興味・関心を正確に把握するお手伝いができるなら、喜んでピクセルを設置して、Facebookにデータを提供しよう! と考えるいい人にならなければ!

と思っていたけど、やっぱりピクセルを設置することで最適化されることがわかりました。

なぜ最適化できるのか、についてもう少し詳しく見ていくことにします。