Googleサーチコンソールの機能にリンク否認ツールというのがあるのをご存じでしょうか?

SEO対策において被リンクの獲得は最重要課題ですが、一方でトラフィックの発生しないリンクには効果がないという話もあります。

リンクというのはそもそもWEBサイトとWEBサイトをつなぐ橋のようなものです。

利用されない橋には価値がないように、被リンクにおいても実際に人が渡らないリンクは評価されないという話しです。

これは本当なのでしょうか?

どうも嘘くさいなあという経験をしたので、お伝えしたいと思います。

つまり、トラフィックの発生していないリンクでもドメインパワーの強いサイトからのリンクは効果があるのではないかということです。

バックリンク否認ツールとは?

そもそもバックリンク否認ツールを知らない方もいると思うので説明します。

バックリンク否認ツールとは、Googleがリンク効果を無効化するためのツールとして公式に発表しているものです。

どんなときに使うかというと、検索順位が下がったのが、どうも低品質なサイトからのリンクが影響しているのではないかと考えられるときです。

SEO上の重要施策に被リンク獲得があることは下記の記事で解説しました。

メインパワーの上げ方①被リンク獲得

しかし世の中にはいろんな人がいますので、自分のサイトの順位を上げるのに、自分のサイトコンテンツの価値を高めるのではなく、上位にいるサイト(ライバルサイト)の足を引っ張って引きずり落としてやろうと考える人がいます。

いわゆる逆SEOの手法のひとつで、順位を下げたいサイトに、悪意を持って低品質なサイトからリンクを送り、ライバルサイトにペナルティが課される(順位が下がる)ことを期待する手法です。

このような被リンクのマイナス効果をなくすために、Googleに「このドメインからのリンク効果を無効にしてくれ」と申請するためのツールがリンク否認ツールです。

リンク否認ツールの使い方

使い方は簡単です。

ただし、サーチコンソールにサイトを登録しておく必要があります。

まずは否認するリンクを伝えるためのテキストファイルを作成します。

メモ帳を立ち上げて

否認したいリンクのあるドメインを図のように記載します。

ファイル名は何でも良いので自分の端末に保存します。

次にリンク否認ツールにアクセスします。

サーチコンソールに登録してあるサイトの一覧がでてきます。

対象のサイトを選択して「リンクの否認」をクリックします。

さらに「リンクの否認」をクリックします。

次のような画面になるので、「ファイルを選択」をクリックして用意したテキストファイルをアップロードします。

これで完了です。

たぶん1日か2日で効果が出てきます。

リンク否認の危険性

1日か2日で効果が出てきますが、良い効果(順位が上がる)とは限りません。

私は今回あるサイトで、明らかにトラフィックが生まれていないリンクを否認してみました。

いずれも海外サイトです。

なぜ私の運営するサイトに海外サイトからリンクが貼られたのかはわかりません。

しかし海外サイトから、日本語サイトである私のサイトにアクセスがあるはずはなく、実際にGoogleアナリティクスで確認しても、参照元ドメインにそれらのサイトドメインはありませんでした。

ということで、2020年10月27日に5つのドメインの否認を申請しました。

こちらの図は、あるキーワードの検索順位の推移です。

10~20位をウロウロしていて、そろそろリライトしようかなと思っていた記事です。

その前に、試しにトラフィックの発生していない被リンクを否認しようと思い10/27にリンク否認ツールを使って申請しました。

すると、その翌日には、一気に順位が下落しました。

このキーワードだけでなく、他にもいくつかのキーワードで同じ現象が見られました。

「こりゃ、やっちまったな・・・」と思いました。

被リンクを否認したこと以外、順位下落の説明がつきませんから。

リンク否認を取り消し

実際のところはホントかどうかわかりませんが、リンク否認ツールは誤って使ったときのために取り消しができることになっています。

否認するときには、下記のテキストファイルをアップロードしましたが、それを取り消すためには、白紙のテキストファイルを、再度アップロードすることになっています。

ということで、11月3日に白紙のテキストファイルをアップロードしました。

そして3日後には少し順位が戻って来ました。

しかし、元の順位までは戻って来ません。

この経験から2つの仮説が成り立つかと。

・被リンクがSEOに与える影響は大きい
・トラフィックが発生しないリンクでも評価されている

リンク否認ツールは軽々しく使わないほうがよさそうです。