AWSのサービスに「Certificate Manager」ってのがあって、これを使うと無料のSSL証明書を発行してくれるのです。

そのはずなのですが、全然発行されん!

24時間以上待っても発行されん!

通常は30分くらいで発行されるはずなのに!

SSLにするのに、他のレジストラでドメイン管理するより、同じくAWSのサービスである「Route53」にしたほうがよさそうだったから、ドメイン移管したのに!

調べたけど、発行されない理由がわからないので、もう一回リクエストしました。

DNSレコードもちゃんと登録した!そして成功した!

1時間ほど待っても、やはり「検証保留中」のまま!

AWSのヘルプを調べても、解決策が見当たりません。

頭にきたので、Route53使うのやめた!

お名前comにドメイン移管して、Xサーバーに設定することにしました。

Route53からお名前comにドメインを移管する手順

①Route53でドメインロックを解除して、移管に必要な認証コードを取得します。

Route53の管理画面メニューから「登録済みドメイン」をクリック

移管したいドメインをクリック

移管のロックを無効化し、認証コードをコピペします。

次はお名前comでの作業です。(お名.comのアカウントは作成している前提)

ドメイン⇒「ドメイン機能一覧」をクリック

画面を下にスクロールして、「お名前comへの移管申請」をクリック

移管したいドメインを入力して「次へ」をクリック

Route53で取得した認証コードを、AuthCode欄に入力して次に進むをクリック(お名前.comのアカウントにあらかじめログインしておきましょう)

お名前com(GMO)のサーバ―を使うかどうか選択して、支払い方法を選択します。

※今回は登録しているクレジットカード払いにしました。

移管手数料が税込88円かかりました

画面下の同意欄にチェックを入れて、申し込むをクリック

Routeからロックを解除した旨のメールがきます(数分後)

Route53の管理画面を一応確認します

ドメイン名のステータスコードが「transferPeriod」になりました。移管中です。

あとは、移管が完了するまで待ちます。多分24時間以内には大丈夫だと思いますが。

移管が完了したら、お名前comでDNSの確認をして、ネームサーバーをXサーバーのものに変更します。

そして、Xサーバーにドメイン登録!